宝寿司

 
 

   ここは俺が小学生の頃から気になっていた

   大人になった今でもいつも気になっていた、

   いつか行きたいといつも

   思っていた、行く日がやっと来たぜ!行くぜ!宝ずし!

     

  お店はおじいちゃんとおばあちゃんがやっている

  懐かしく、そして温かいお店とおじいちゃん、おばあちゃん

  俺はつまみと熱燗を頼んだ

  おばあちゃんがやさしい笑顔で運んでくれました

  おじいちゃんは戦時中には「山本五十六」さんと一緒に戦った

  そんな話をしながら飲みました

  店には一緒に写ってる写真があります

  その後はおじいちゃん雪国の昔の遊びの話をしてくれました

     

おじいちゃんとそんな話をしながら飲んでいたら写真なんてどうでも

よくなり1枚撮ってカメラの電源を切りました

この店は写真なんてどうでもいい

写真撮ってる時間がもったいない!

もっとおじいちゃんの話が聞きたい

そしておばあちゃんの笑顔が見たい、そんな気持ちでいっぱいです

おばあちゃんは俺とおじいちゃんの話を聞きながら

笑顔でうなずいているだけです

 

 

  子供の頃から憧れて訪れた宝ずしさん

  訪れるのが遅すぎた!もっと早くから来ていれば・・・

  そんな事ない!また行けばいい事じゃないか!

  店は綺麗とは言いがたいけど、店の中は最高に温かい

 また行くからおじいちゃん、おばあちゃん、長生きしてくれよな

           

             

   俺は最後に「俺、子供の頃からこの店に憧れてました」

   と言うと、マスターはうれしそうに照れてました

   そこには梅さん以上に熱い職人(男)がいました

 

 

*本文でベテランの職人さんに「おじいちゃん」呼ばわりしましたが

自分の本当のおじいちゃんみたいに感じたからです。

 

 
 

 

 
  宝寿司

長岡市殿町1 営業時間&定休日知らん!