はいきょ刑事純情派
 
      「安裏は二度ベルを鳴らす2!?あの鉱山跡を追え!」  

 

     私、安裏は、またまた二度ベルを鳴らしに行きました。

     し、しかもAM 4:00に背広に着替えて家を出る。

   おおっと!正確にはAM 3:45分だ!七三分けをキメないと

          初めて会う「ねりぃ」さんに失礼だ。 

       プハァーはいきょ刑事も楽じゃないねぇー

       

     

           まだまだAM4:00は暗いよー

     あの場所でokaziさんとねりぃさんが私を待っていると

     思うと、アクセルペダルも自然と強く踏み付けられる。

 

     

           街は次第に明るくなって来た。

    車の中には誰のか知らないが「カシオペア」のCDがある。

       私はタバコに火をつけ、そっとCDを入れた・・・

 

 

 

                 OHイェーイ!

          朝からフュージョンで気分はすっかり

          グッドアフタヌーン、レディス4だー!

              三越行きてぇー!!

               アクセル全開!!

 

     

     あっ!着きました!

    私はアクセルを強く踏み過ぎたのか待ち合わせ場所には

    誰もいませんでした・・・

   「は、はやすぎたか・・・こりゃ出発も4:10分で良かったなぁ」

 

     適当に待っていたらokaziさんとねりぃさん到着。

     初めて会うねりぃさん、どう私の七三分け?

     キマッてるかな?

     おおっと!そんな事より現地へ向かいます。

 

     

        我々取材班は山道を走る事にしました。

                (はぁ??)

        しかしこんな山奥に鉱山跡はあるのか・・・

 

        走ってまもなく現地の運転手が車を停めた!

              私は「ど、どうした・・・」

 

         

           何かがある・・・何があるのだ・・・

           我々の見た光景とは!!

 

     

         何だ・・・ドラム缶が転がっているぞ・・・

         そしてスタッフの1人が大声を上げた!!

             「た、隊長!!来て下さい!」

              デデン!(効果音)

 

     

            そこにはオルガンが・・・

            更に奥へ向かうと・・・

 

     

         プレハブが潰れたような感じだ。

          明かに人が住んでいた形跡。

         一体ココで何があったのだ・・・

          

         この先に鉱山跡があるらしいのだが・・・

         期待は高まるのであった。

 

 

    更に山道を進むと現地の運転手が「車はココまで」と。

    

         

    私はなぜ車はココまでなのかと疑問に思い外へ出た。

            そして私は愕然とした・・・

 

     

              み、道が・・・無い・・・

           道が川でエグリ取られた感じだ。  

            「仕方ないな・・・川を歩こう」   

          我々取材班は食料をリュックに入れて

              川の中を歩く事にした。

         もし言葉も通じない原住民に捕らわれたら

         まずは食料プレゼントで好印象を与える作戦だ。

         私は背広の上着もこの時に脱ぎました。

                  ちなみに

 

         

          川を歩いてすぐに道に上がれる。

 

         

       あっけなく我々の目の前に現れた・・・鉱山跡。

           鉱山跡と言うより精錬所跡らしい。

 

         

             ナンとも不思議な建物。

            

         

             ナンとも不思議な感覚。

 

     

             一体ココはどこなんだ・・・

 

         

                ナンなんだ・・・

 

     

           こんな風になっていたり・・・

 

         

            こんな風になっていたり・・・

 

         

          更にこんな風になっていたり・・・

 

         

            不思議な感覚いっぱいです。

 

         

         こ、この素材は・・・カラミン煉瓦だな。

     よく知りませんが、みんなのサイトにそう書いてあるで。

 

     

        下も煉瓦です。かなりこだわった作りです。

        私はナンとも不思議な感覚を楽しんでいると

           スタッフの1人が指を指した!

 

     

              「あ、あれは何だ!?」

 
 

つづく