はいきょ刑事純情派
 
      「安裏は二度ベルを鳴らす2!?あの鉱山跡を追え!」  

           

              デデン!(効果音)

         スタッフの1人が指を指した場所は

         

          同行してくれた、ねりぃさんの話では

          大煙突らしい。

          こりゃー行くしかない!

         ココを知り尽くした男ねりぃさんの案内で

         大煙突に突入だ!

        その前に対岸にある為、川を渡らないとだ!

 

         

       我々をあざ笑うかのように突如出現した大煙突!

         ねりぃさんを先頭に川を渡る事にする。

         崖を降りるその時!

         デデン!(効果音)

    

 

 

         ねりぃさん川に落ちた・・・

         しかしそんな事で動じるねりぃさんではない。

         何事も無かったかのように私達を

         案内してくれた。

 

         

          川を渡り向う岸は秘境アマゾンだ!

         まったくドコを歩けばいいのかわからない。

          ねりぃさんの後を歩くだけだ。

 

     

         しばらくするとカラミン煉瓦が現れた。

 

     

                またカラミン・・・

 

     

         更にねりぃさん秘境アマゾンを前進!

       それについて行かなければ道がわからない。

          イヤ・・・道なんてないけどね。

 

     

           ココはヒルがいるらしいけど

     私はよくヒルの事を知らないのでぜんぜん怖くない。

             知らないって怖いねー

      ヒルの他に熊やヘビ、ハチにアブもいるらしい。

  人食いトラや首刈り族もいればオールスター勢ぞろいなんだが。

 

         

            オヤッ!何かの穴を見つけた。

 

         

               中は何なんだ??

 

         

       カメラマンが写した中は・・・行き止まりみたいだ。

       そこでokaziさんと私は中へ入ってみる事にした。

       そこは・・・

 

         

       右に抜ける穴があったが真っ暗なのでやめた。

             

     

                 更に穴!

 

         

                更に更に穴!

 

          

               もういっちょ穴!

          okaziさんは先にこの穴に突入!

          私もそれに続けとばかりに突入!

          オーリャー!

 

         

           入った正面はもちろんカラミン。

 

     

              下ももちろんカラミン。

 

     

           左は崩れて行けない・・・カラミン・・・

 

         

         ありゃ・・・ココはどこだったっけ・・・カラミン

         いつでも、どこでもカラミン。

 

         

        入り口を見た。なんだか外の光が懐かしいよ。

        それじゃokaziさんと右側行くぞー!

 

     

       後ろを振り向く。     

      右側は階段のようにガクンと一段上へ上がる。

      一段上がって見た光景は・・・

      デデン(効果音)

 

         

           ヒョェー!短いようで長いようで。

          吸血コウモリがいそうな雰囲気だよ。

 

         

               それじゃ突入!!

 

         

            実際の暗さ画像いっとく?

 

         

          崩れる前に出口へ行かなければ。

          ザクッ

 

         

                ザクッザクッ

 

         

              ザクッザクッザクッ

 

         

              ウハァー!出られた!

        コウモリもいないし、崩れなくて良かったー!

 

         

            出口の光景。外は眩しいぜ。

             

     

            まったく楽しくてしかたないぜ。

 
 

つづく